コロナ禍での生活困難者支援について、TV放映がありました。

毎日放送(MBS)からの依頼があり、コロナ禍での生活困難者支援について複数回の取材を受けました。
その内容がまとめられ、5月26日にTV放映されました。


YouTubeのMBS NEWSチャンネルから視聴可能ですので、是非ご覧ください。


(以下、動画概要欄より引用)
コロナ禍で仕事を失うなどして社会から孤立している人たちが急増している。そして今回は「無戸籍」の
人たちにも注目して取材を行った。生まれてから30年間、無戸籍者として生きてきた男性が語った孤独とは。
(2021年5月26日放送 MBSテレビ「よんチャンTV」内『特命取材班スクープ』より)



【特集】『30年間無戸籍だった男性が語る孤独』社会からの”孤立”を防ぐために支援活動に取り組む人たち





また、内閣府孤独・孤立対策担当室よりお声が掛かり、3月11日にみささぎ会が取り組む孤独孤立対策や
生活困難者支援についてのヒアリングがありました。
当日は坂本哲志孤独・孤立対策担当大臣にも同席いただき、現場の実情を直接お伝えすることが出来ました。

   

コロナ禍での課題は山積しておりますが、みささぎ会は安心して暮らせる街づくりに寄与できるよう活動を
継続して参ります。

皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。