メニュー
follow me
採用情報 Recruit
ニュース

特別養護老人ホームつどうホール 新型コロナウイルス感染症 クラスター発生について

特別養護老人ホームつどうホールにおいてこれまで感染予防対策を徹底してまいりましたが、このたび新型コロナウイルス感染症によるクラスターが発生いたしましたので、経過および現在の状況をお知らせいたします。

 

4月26日に職員に発熱があり、28日にPCR検査の結果、陽性を確認しました。保健所の指示のもと疫学調査および感染拡大防止対策を講じ、接触者の検査を行ったところ、28日に職員1名、ご利用者3名の陽性が確認されました。

 

5月1日に保健所の指示のもと感染フロアーの職員とご利用者全員の検査を行ったところ、新たに2名のご利用者の陽性者が確認され、5月2日の時点で合計7名(職員2名、ご利用者5名)の陽性者を確認しました。陽性者は全て同じフロアーです。

 

現在、感染者全員が無症状又は微熱程度の軽症で推移しております。うち2名のご利用者は基礎疾患があり、重症化する可能性があることから、保健所の協力のもと医療機関へ入院することになりました。

 

また4月29日より、同施設内のショートステイの受け入れとビニールカーテン越しの面会を中止しております。再開につきましては改めてご連絡をさせて頂きます。

 

新型コロナウイルス感染症の発生およびサービスの中止により、ご利用者、ご家族、関係者の皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。今後も引き続き、ご利用者及び職員の体調管理に最大の注意を払うと共に、感染拡大防止措置の徹底を行い、収束に向け全力を尽くしてまいります。

 

特別養護老人ホームつどうホール 施設長 山下幸宏